安倍昭恵-籠池夫人メールの電気泳動

Share

森友学園問題に関連して自民党が公開した2016年6月4日〜2017年3月16日の安倍昭恵-籠池夫人間のメール全文を使って、d3-electrophoresisの電気泳動を行いました。
電気泳動は、DNAの物理化学的データビジュアライゼーションの一種です。DNAの特定の配列部分を切断し、長い断片から上下にマッピングすることで、切断部分の頻度や分布の偏りを見ることができます。

下の例では、”安倍”、”籠池”、”地”、”国有地”、”幼稚園”、”祈”、”辻本”のワードを使ってメール全文を切断しました。
turn onボタンを押せば始まります。
テキストボックスの文字を変えれば、違う単語でも切断できるので、ぜひ試してください。

安倍昭恵-籠池夫人メールの電気泳動

結果画像

 

“安倍”と”籠池”という文字はメールの返信ごとに使われているので、1000文字以内に一回は定期的に現れることが分かります。また”祈”という単語もかなり定期的に使われています。”国有地”や”辻本”という語は分布に偏りがあります。

 

ソース

安倍昭恵夫人と籠池夫人メール全文!民進党辻元清美にブーメラン! | 歩叶コラムの日刊スポーツの引用を、参照させていただきました。

コメントを残す