報道法:犯罪の失敗と成功条件の報道

Share

基本

説明

これは犯罪報道の方法論と記事自動生成に関するプロジェクトです。
典型的な犯罪報道では、犯罪の被害とその対応の分析のみに重点が置かれることがほとんどです。しかしそれでは実際に起きた被害への対応のみにしか議論がなされず、起こり得た可能的な状態への対応が見逃されがちになります。
このプロジェクトは、そういった見過ごされがちな可能的な状況を報道するための方法です。すなわち、犯罪者の視点に立ち、どのようにすれば犯罪が成功したのか、どうすれば逮捕されずにすんだのかという分析を、報道という形で伝えます。
犯罪被害ではなく、犯罪者が目的を達成するためにやるべき方法を報道するということに、従来とは違う特筆性があります。

簡単な例

「窃盗犯は、出口なら鍵もかかっておらず入れたはずですが、入り口から入ろうとしたために、警備員に見つかり逮捕されました。」

メリット

  • 可能性想定による予防 = 犯罪において、起き得た可能性をリストアップすることで、すでに起こっていない可能的な予防法を議論に乗せることができます。これは特にサイバー犯罪のような新しいテクノロジーを使った犯罪の報道に有効です。
  • 攻め手からの分析 = 被害やその対策という受け手側の分析よりも、いかに犯罪を成功させるかという攻め手からの分析のほうが犯罪の可能性を考える上で創造的な発想をもたらします。

デメリット

  • セキュリティの穴の露呈 = 犯罪者の目的達成法を報道するので、セキュリティの穴を報道することになります。これはサイバー犯罪のゼロデイ攻撃のような対策が取られるまでの時間を狙った犯罪に対しては、手助けのような形になる可能性があります。しかしセキュリティの穴を事前に報道することで、個人ではなく社会全体の対策として共有できるというメリットもあります。

 

モデル

事実分析

  • 目的の特定 = 強盗や殺人などの犯人の目的を特定する。
  • 制約条件の特定 = 犯人の選択肢のうち、成功と失敗を分ける条件分岐。
  • 実際の顛末 = どのように犯人が逮捕されてしまったかの状況。

成功可能性分析

  • 偶然的要素 = たまたま天気が良かったら成功したなど。
  • 犯人の行動要素 = 犯人がどのように動けば成功できたか。
  • 防衛側の要素 = 警察がどう動いていれば犯罪が成功したか。

理論

  • 情報量 = 通常の報道よりも、可能的な成功法への言及のほうが、予防に関する情報量が多いことを示すモデル。
  • 理想状態 = いかなる状態でも犯罪は成功せず、犯罪者の成功可能性について言及できない場合、対策は完璧であるといえる。

 

メタ情報

他の事例との関連

 

アップデートタスク

実装

  • チェックシートのテンプレート = 実際の犯罪の失敗条件と成功条件を分類したカテゴリタグ。これに条件を入力する。データ形式はJSON、XML、またはcsvを使う。
  • 記事生成 = タグ内の入力を元に、記事を自動生成。
    データビジュアライゼーション = ツリーによる犯罪成功と失敗の状況分岐で可視化。

プレゼンテーション

  • CG = 泥棒がいかに部屋に侵入してから退出できるかの間取り。
  • フローチャート = 実際の事件条件記述>可能的条件記述>記事生成。

コメントを残す