マイノリティ・リポート



社会分析においては、過去の傾向からのモデル当てはめと推定は後追いにならざるを得ない。 可能であり動機があることから、事前にモデルを作り、未来の仮想状態を作ることから実証と対策を同時に行う。